家庭での勉強方法は?

家庭での勉強方法は?2018.2.6

火曜日の小学部は人口過多です。

IMG_1972

席がほとんど埋まってしまいました。

 

低学年は1コマ50分で帰っていきますが

4年生以上になると、2コマ100分で帰っていく子が多くなります。

集中して問題に取り組んで、

時間のかぎり先にすすめるように指導していきます。

 

小学生のうちから学習時間を持つことは大切です。

ましてや、家庭での学習時間を確保することは重要です。

それが、今後子供たちひとりひとりが自分で学習する

自立学習への道だからです。

 

例えば、学校の宿題や塾の宿題でも

ご家庭で取り組む際にだらだら時間をかけてやると

面倒くさくなりますし、集中力もないので余計やる気が湧かないという

悪循環に陥ります。

ますます、家庭での学習から離れていってしまいます。

 

そこで、その日にやる分量を決めるのではなく

時間を区切ってやらせる方法をお勧めします。

 

10分間集中して取り組む。

(タイマーなどかけておくといいです)

その後、3分間の休憩。

(休憩といってもトイレに行ったり、ストレッチしたりする程度です)

それからまた、10分集中して取り組みます。

(今度は初めの10分間でやった時より少しだけ多い分量を目標にします)

そして、3分休憩。

(休憩の時には、絶対に気がそがれるような携帯・スマホの操作やテレビを見たりは禁止です)

もう一度、10分集中して取り組む。

(さっきより、少しだけ多い分量が目標です)

3分休憩。

 

これを繰り返す方法です。

これだと、集中力も続きますし適度な休憩も入れているので

結構長い時間できます。

前にやった分量よりちょっと多くやるぞ!と目標を持つのがコツです。

IMG_1971

これは、中学生のテスト前の勉強の時でも

有効な勉強方法です。

ぜひ、お試しください。

 

 

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)

※確認のためもう一度入力してください

学年(必須)
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。