日曜過去問特訓最終日

日曜過去問特訓最終日2020.2.16

いよいよ本日、日曜過去問特訓最終日となりました。

あまり天気の良くない中、9時までに全員集合。

今回は、平成22年度の過去問をやりました。

都立高校入試日まであと5日。

 

ほどよい緊張感の中、9時~国語のテストが始まりました。

テスト後、国語の記述についてのレクチャーと添削を受けて

数学のテストを行ないました。

今回は、前回よりも点数を上げていきたいところでしたが、

なぜか今回は大問1の計算問題でミスを連発する生徒さんが続出。

四則計算やかっこのある分配法則の文字式でミスがありました。

それぞれ、【本番前にここでミスをしたから本番では絶対にミスがないようにすること】と

注意できたことが幸いなのかもしれないですね。

そんなミスで20点近く点数を落としてしまった子がいましたが、

逆にここはポジティブに、【本番じゃなくてよかった!】となったと思います。

立体図形の問題は、なんとなく出題のパターンが読めてきた?

正解率があがってきました。

 

英語は今回の平成22年度は当時の平均点も50点割れしている

くせのある設問。

結構苦戦している子が多くいました。

長文はやっぱり数をこなして長文慣れしていくことが大事です。

しかも、時間をかけてだらだら読むのではなく時間制限を作って読んでいくようにしましょう。

本番では、リスニングで10分を使ってしまいますので

残り40分で、図やグラフのついた大問2と会話文の大問3、長文大問4を読まなければならないので

ある程度のスピードは必須です。

普段から、時間を気にしながら読み解くことが大事ですね。

テストも社会、理科の時間になると

だんだん集中力が途切れてきます。。。

前回、前々回はみんな社会・理科のテストで点数を落とす子が多くいました。

やっぱり疲れが出てくるのでしょうか。

しかし、今回は多くの子が社会でも好調をキープしていました。

はじめのころより、資料の読み取りの記述の仕方もうまくなっています。

最後の理科も、それぞれ目標点まであと何点かを確認して

テストスタート!

最後まで集中してテストを行なう事ができました。

理科のテストの○つけと解説をして今回の日曜過去問特訓終了です。

 

それぞれ、目標点に到達できた子と、惜しかった子といましたが

高校入試本番で力を出し切ることができるでしょう。

今年に入ってから入試に向けての学習の成果を

思いっきり出して、みんな悔いのない入試になるといいなと思います。

ここまで頑張ったことが、結果としていい結果になると信じて!

自信を持って臨んでほしいですね。

 

現在、他の学年は定期テストの対策授業を行なっています。

中学2年生はこの春からいよいよ受験生です。

今、学習に不安がある。テスト対策に何をやっていいかわからない。

高校受験のために何をすればいいのかわからない。などのお悩みがあれば

お気軽に下記電話番号までお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)

※確認のためもう一度入力してください

学年(必須)
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。