英語は英単語が大事!

英語は英単語が大事!2018.4.26

英語で点数がとれません。

英語、苦手なんです。

英語だけ点数が伸びない。

 

などなど、英語に関しての苦情(?)を

テストの後によく耳にします。

生徒たちにとって、切実な悩みなんでしょう。

さて、それに対して

 

英語結構得意です。

英語だけ点数がいいんです。

英語は点数いいです。

 

という子たちも確実にいるわけで。

前者と後者の違いってなんだろう???と

いろいろ考えてみた結果、英単語をしっかり覚えているかどうか。という点に

思い至りました。

前者の英語が苦手!という子たちのテストの特徴としては

英語のスペルミスで結構な点数を落としていること。

英単語の意味が思い浮かばないので、英文がしっかり訳せないこと。

でした。

 

今まで教室での英語の授業では教科書の中の

英文法を教えることに特化してきました。

しかし、それだけでは英語ができるようにならないんです。

文法と英単語という両方の車輪がないと

動かない車みたいなものです。

 

そもそも、英語ができない!苦手だ!と思っている子たちは

英単語の練習に対しての取り組みが弱いような気がします。

個々の能力によって覚える作業に差が生じるのはもっともですが、

覚えるまで練習するということ、

練習の仕方や英単語に接する時間の不足など

さまざまな要因があって英単語の知識不足のまま

テストに臨むケースが多いようです。

 

そこで、今年4月から元浅草校では

英語の授業の際に英単語トレーニングを取り入れることにしました。

1か月間で3回の書き取りと1回のテストを行うようにして、

年間で約1400個の英単語を覚える機会を設けることにしました。

IMG_0383

中学1年生には、覚える作業は大変かもしれませんが

3週にわたって書き取りをした後にテストしていきます。

覚える作業をしっかり指導していきます。

 

お問い合わせ
お名前 (必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(必須)

※確認のためもう一度入力してください

学年(必須)
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。