1月最後の授業風景

1月最後の授業風景2021.1.29

小学生のお問合せが多くなっています。

 

新型コロナ禍の中、学校での学習だけでは

不安がある。。。というご家庭も多いようです。

それを反映してか、今年の中学受験者数は増加傾向にあるとのこと。

公立中学の休校時期の対応や、

その後の進路に向けての学習不安などが

後押しした結果のようです。

私立中学でのリモートによる学習対応や

その後の学習遅延に対する迅速な学習支援は

個々の学校によって適応は分かれますが、おおむね保護者や生徒たちには

安心感があったといえるのではないでしょうか。

 

今後もこの傾向は続くかもしれませんが、

受験者が増加傾向にあるのと比例して

出題を難化していく学校も増えているようです。

中学受験は、準備期間が重要ですので

逆算して計画立てていくこと必要です。

 

もちろん、公立中学に進んでも

その後の高校受験、大学受験につながる進路を

見据えて普段から生活の中での学習の重要性を

しっかり認識していくことができていれば、

中学受験にこだわる必要などまったくないと思います。

私立中学での手厚いサポートは魅力的ではありますが、

公立中学でも、部活動や地域との繋がりのある学習と

身近な友達同士の中で切磋琢磨しあい、

学習にも力をいれていくことができれば

大学受験、希望先の進路と進む先は同じです。

 

まずは、公立の中学生は高校受験に挑まなくてはいけませんね。

志望校合格に向けて最後の追い込み期間です。

今年の都立高校入学試験日は2月21日(日)です。

今週の日曜日から例年と同じく

3週に渡って過去問特訓を始めます。

それぞれの志望校の合格ライン点数を決めて

取り組んでいきます。

 

中学1年生、2年生の新規塾生も募集中です。

2月末には台東区の公立中学校では学年末テストが始まります。

ぜひ、お問合せください。

 

お問い合わせ

    お名前 (必須)
    電話番号(必須)
    メールアドレス(必須)

    ※確認のためもう一度入力してください

    学年(必須)
    ご要望(任意)

    上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。